MJSマイナンバー BPO

マイナンバーの収集・登録・保管・廃棄までの
一連の業務を代行します。

業務委託サービス『MJSマイナンバーBPO』

MJSマイナンバーBPOは、マイナンバー制度の導入で必要になる企業の人事部門などの作業負荷を削減するBPOサービスです。

自社内でマイナンバーの収集や保管・廃棄を行うには、その収集方法や管理方法、実際の通知や登録作業などのルール策定と環境構築が必要となります。また、マイナンバーの収集においては一時的に事務負担が増大し、管理コストも発生します。

MJSマイナンバーBPOを活用することで、企業で対応しなければならない業務範囲や対応期間を大幅に短縮することができます。

また、一時的に増大する事務業務にリソースを割く必要もなく、セキュリティー対策の面でも負荷を軽減します。

2種類のマイナンバー収集方法を用意

マイナンバーを収集する方法として(1)郵送による収集、(2)スマートデバイスを活用した収集、の2つの方法を用意しました。企業のポリシーや収集対象となる従業員等の状況に合わせて選択することが可能です。 また、郵送による収集は、普通郵便以外に、簡易書留やレターパックにも対応します。

  • その他、既に収集保管済みの個人番号収集書類をもとに登録する「代行入力サービス」や、データ化(Excel)されている個人番号を一括で取り込んで登録する「一括取り込みサービス」も用意しています(オプション)。

データ保管時の漏えい対策

マイナンバー収集対象者の個人情報と、実際に収集したマイナンバーのデータを分離して管理するため、個人情報とマイナンバーが紐づいた情報は保管しません。住所などマイナンバー収集対象者の個人情報は、マイナンバーを収集した後すみやかに削除します。

物理的なセキュリティ対策

データおよび原紙の保管は、セキュリティ区画にて行います。物理的な監視や入室制限のほか、端末のセキュリティ対策も強固なポリシー運用を行います。

ERPシステムとの連動

MJSが提供している中堅・中小企業向けのERPシステム『Galileopt DX』、『MJSLINK DX』、『Galileopt NX-Plus』、『MJSLINK NX-Plus』、『MJS税務NX-Plus』との連携が可能です。本ERPシステムではマイナンバーのデータを保持せず、マイナンバーBPO側のデータにアクセスして、税務申告書や源泉徴収票、支払調書などにマイナンバーを印字して出力することができます。

課題や導入に関するご相談など承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら