取引文書や契約書の電子化を実現する
電子帳簿保存法対応のクラウドサービス

MJS e-ドキュメントCloudとは

「MJS e-ドキュメントCloud」は証憑の電子保管をする「MJS e-ドキュメントCloudキャビネット」と契約を電子化する「MJS e-ドキュメントCloudサイン」の二つを提供するクラウドサービスです。

MJS e-ドキュメントCloud キャビネット

「MJS e-ドキュメントCloudキャビネット」は電子取引の電子データ、スキャナ保存する証憑書類を保存要件を満たした機能で、クラウド上に安全に保存するサービスです。

MJSの財務システムは、2022年の法改正に準拠し国税関係帳簿の要件を満たした電子保存に対応しており、仕訳に紐づく証憑のタイムスタンプ付与、検索等の要件を満たしたスキャナ保存に対応していますが「MJS e-ドキュメントCloudキャビネット」をあわせてお使いいただくことで、電子的に授受したデータの保存も可能となります。

MJS e-ドキュメントCloud サイン NEW!

「MJS e-ドキュメントCloudサイン」はクラウド技術を活用した事業者型(立会人型電子署名)による電子契約のクラウドサービスです。

事業者型の電子契約サービスでは、サービス事業者が契約当事者(甲、乙)双方の確認を行い、合意成立の証拠としてタイムスタンプと事業者の電子署名を電子契約ファイルに付与し保管します。

特長

さまざまな書類の電子保存に対応!キャビネット機能

電子帳簿保存法の改正により義務化される電子的に授受した書類の「電子保存」に対応。今後は、MJSのERPシステムとの連携など機能を拡充し、各種書類の電子保存に対応します。

電子サイン方式および電子署名方式に対応 サイン機能

締結できる電子契約は電子サイン方式および電子署名方式に対応しているので申込書/通知書等から取引基本契約書/工事請負契約書まで様々な用途に合わせて使い分けができます。

電子保存した様々な書類と一元管理が可能に! キャビネット+サイン機能

MJS e-ドキュメントCloudキャビネットとMJS e-ドキュメントCloudサインを合わせて利用すると送付されてきた請求書をはじめとした電子保存したさまざまな書類と一元管理が可能に。

国内データセンターで管理!安心のMJSブランド 共通機能

アップロードしたデータや電子契約情報は国内のデータセンターにおいて管理され、不正アクセスや改ざん防止対策も万全です。長期保存義務が発生する書類についても安心してMJSにお任せください。

機能

電子取引の保存要件に対応して電子文書の保管や電子契約の締結が可能です。今後は外部システムとの連携機能、MJS財務システムの証憑保管先としての連携も機能追加予定です。

共通機能

ログイン機能 利用者を会社・ID・パスワードにより認証を行います。
電子書類検索機能 保管されているPDFファイルの検索、閲覧ができます。
契約管理機能 契約容量に対する使用容量の確認ができます。
マスター管理 各種マスターデータの管理ができます。
一括改ざん検知機能(一括検証) 本サービスで付与したタイムスタンプが適切か一括で検知確認できます。

キャビネット 機能

電子書類登録機能 PDFファイルのアップロード/登録申請ができます。また、複数のファイルをまとめてアップロードが可能です。
タイムスタンプ承認機能 アップロードされたPDFファイルの登録許可とタイムスタンプ付与を行います。
AI-OCR(DX Suite)連携 AI-OCR(DX Suite)とのAPI連携し読取データを使用して一括登録できます。
※ DX Suiteとの契約は別途必要

サイン 機能

電子署名契約 契約締結時に電子署名を付与する契約機能
電子サイン契約 契約締結時にタイムスタンプを付与する契約機能
契約承認機能 契約締結時に双方多段階で承認決裁する機能
2段階認証 本人確認を2段階で確認する機能

動作環境

本サービス利用環境

OS・ブラウザ ※1
  • Windows端末:Windows 10、Windows 11
    • Microsoft Edge最新バージョン
    • Mozilla Firefox最新バージョン
    • Safari最新バージョン
    • Google Chrome最新バージョン
  • Android:最新バージョン
    • Chrome最新バージョン
  • iOS:最新バージョン
    • Safari最新バージョン
インターネット接続回線 ※2 光回線を推奨 ※3
周辺機器等 上記OSに対応した、ディスプレイ・マウス・キーボード・日本語変換システム
解像度 1024×768以上を推奨
  1. 快適にご利用いただくために、より高スペックのプロセッサ、ならびにより多くのメモリを搭載したコンピュータのご利用を推奨します。
  2. ファイアウォールが有効な環境では、アウトバウンド(外向け)に対してTCP443番ポートで通信できる必要があります。また、プロキシサーバーをご利用の環境では、本サービス環境への接続を許可するようプロキシサーバーを構成する必要があります。
  3. 十分なパフォーマンスを確保するために、より高速な回線をご用意いただくことを推奨します。

その他

  • URL付きのメールが受信できるよう設定してください。

サポート・業務支援

MJSは、システムをお渡しして終了するのではなく、コンサルティングや導入支援、
導入後の運用支援までサポートします。
導入において不安がある方、製品操作が不安な方でも安心してご利用いただけます。
さらに、スキルアップを支援するセミナー・研修会や、企業の事業継続をサポートする経営支援を行い、
更なる成長へと繋げます。

よくあるご質問

製品価格や料金プランが知りたい

導入する機能や事業規模などによって変動いたします。お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

課題や導入に関するご相談など承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら