MJSは中小企業・小規模事業者のシステム導入と補助金申請のサポートをいたします。

概要

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助等することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を図ることを目的としています。 (通常枠 A類型・B類型)

令和3年度補正予算にてデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)も追加されました。

通常枠

類型 A類型 B類型
補助額 30万~150万円未満 150万~450万円以下
補助率 1/2以内
プロセス数 1以上 4以上
ITツール要件(目的) 類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること。
賃上げ目標 加点 必須
補助対象 ソフトウェア費・クラウド利用料(最大1年分補助)・導入関連費等

※ 「プロセス」とは、業務工程や業務種別のことです。

デジタル化基盤導入類型

補助額 ITツール
5万円~350万円
内、5万円~50万円以下部分 内、50万円超~350万円部分
機能要件 会計・受発注・決済・ECのうち1機能以上 会計・受発注・決済・ECのうち2機能以上
補助率 3/4以内 2/3以内
対象ソフトウェア 会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
賃上げ目標 なし
補助対象 ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分補助)・導入関連費等

※ 該当する機能の詳細はITツール登録要領を参照

ハードウェア購入費 PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器:補助率1/2以内、補助上限額10万円
レジ・券売機等:補助率1/2以内、補助上限額20万円

スケジュール

通常枠

交付申請期間 2022年3月31日(木)受付開始~終了時期は後日案内予定
締切日 交付決定日
第一次 5月16日(月)17:00 6月16日(木)17:00(予定)
第二次 6月13日(月)17:00(予定) 後日案内予定

デジタル化基盤導入類型

交付申請期間 2022年3月31日(木)受付開始~終了時期は後日案内予定
締切日 交付決定日
第一次 4月20日(水)17:00 5月27日(金)17:00(予定)
第二次 5月16日(月)17:00 6月16日(木)17:00(予定)
第三次 5月30日(月)17:00(予定) 6月30日(木)17:00(予定)
第四次 6月13日(月)17:00(予定) 後日案内予定

対象製品(登録予定)

アライアンス製品

経費精算 楽楽精算 経費精算の時間を1/4に。
(提供元:株式会社ラクス)
勤怠管理 勤次郎 企業を取り巻く労務環境の変化に柔軟に対応し、最適な労務管理を実現するソリューション
(提供元:勤次郎株式会社)
クロノスPerformance 多業種で利用可能な就業管理ソリューション
(提供元:クロノス株式会社)
労務・
社会保険
PSD 社会保険関係の申請書作成と電子申請をサポート
(提供元:株式会社パシフィックシステム)
原価管理 どっと原価NEO 建設業などの生産性向上をしっかりサポート!
(提供元:株式会社建設ドットウェブ)
顧客管理/営業支援 BizMagic 扱いやすさを徹底追及した顧客管理システム
(提供元:株式会社カイエンシステム開発)
RPA NEC Software Robot Solution RPA活用で定型業務を自動化し、人とロボットが協働する新しい業務オペレーションを実現。
(提供元: 日本電気株式会社)

なお、手続きにあたっては、gBizIDの取得、事業計画の作成、履歴事項全部証明書(法人)の写し、納税証明書の写し、所得税確定申告書B(個人)の写しなど、お客様自身でご準備頂く事項がございます。詳細はサービス等生産性向上IT導入支援事業事務局のポータルサイトをご確認ください。